ミラノ買い付け タックスリファンド編

Buongiorno!
買い物の会計~マルペンサ空港でのタックスリファンドまで 記録

外国でお買い物すると当たり前ですが、その国の消費税がかかります。
  しかし税金はその国に住んでいる人がその国の政府に治めるものなので
非居住者(訪問外国人)は免税を受けることができます。


●イタリアのIVA(付加価値税)標準税率は22% ※日本でいう消費税
軽減税率(主に生活必需品を対象に10%と4%の軽減税率がある)

  a:10%:家畜、食肉、ハム、建物、小麦粉、コメ、薬、肥料、観葉植物、果物、
鮮魚、映画、卵、酢、砂糖など。 b:4%:紅茶、医療補助器具、生鮮野菜、牛乳、
マーガリン、チーズ、バター、書籍、新聞、オリーブ油、パン、パスタなど。


※免税時の還付率:11.25%~15.5%、食品6%、眼鏡・特別食品2%

●スイスのVAT(付加価値税)標準税率8% 

軽減税率 
a.2.5%:食料品、医薬品、書籍、新聞 
b.3.8%:ホテル宿泊費 
c.非課税:医療機関での治療行為、保険、銀行サービスなど

※免税時の還付率:4.4%~6.2% 

---タックスフリーが受けられる条件--- 

 イタリア:最低購入金額=€154 .94 

スイス:最低購入金額=CHF300 

非居住者であること。

---買い物の会計時~空港での手続きまでにやる事---

①買い物の会計時に「タックスフリープリーズ」と伝える。
(パスポートの提示を求められるので持参しておく。)

②ショップのスタッフが会計時に免税手続き代行業者の封筒に書類を入れてくれる

③書類を受け取る

④空港のタックスリファンドカウンター提出前に、

封筒の中の書類に自分の住所と返金場所(現金orカード)の指定を記入する。

クレジットカードへ返金する場合はカード番号を記入。

※イタリア、スイスでもらった免税手続き代行業者の書類 2社 

・Global Blue(グローバルブルー)※画像のポストイットは無視 

・Premia Tax Free(プレミアタックスフリー)
---マルペンサ空港での免税手続き手順---

※通常タックスリファンドを申請する場合、まずチェックインをしてから税関のスタンプをもらう必要がありますが、 イタリアのみで買い物をした場合に限り、チェックイン前&税関のスタンプがなくても手続きが出来ます。(昔はチェックインの後だったらしい。)

なので空港に到着したら、すぐにタックスフリー各社のカウンターに向かいます。
買った物を見せるよう言われることもあるので買ったものが入っているスーツケースは持っていきます。 (チェックイン前なのでここが楽)
今回はスイスでも買い物したためスイスの税関でスタンプをもらって返された分の書類も持参し、 マルペンサ空港のタックスフリー各社のカウンターへ。

以下手順 

①マルペンサ空港のタックスフリーのカウンターがある12ゲートへ。
タックスフリー各社、朝7時からオープン。
(私は朝6:30に行きましたが空いていました。)
繁忙期にはすごく混むので早めに行っておいたら間違いなし。

②まず手前にあるグローバルブルー社カウンターへ。
書類の入った封筒とeチケット、パスポート、返金場所に指定したクレジットカードを見せる。 スイス買い物分の封筒は向かいにあるポストに入れるように言われたので手続き後に投函。手続き完了

③プレミアタックスフリー社のカウンターへ
同じく書類の入った封筒とeチケット、パスポート、返金場所に指定したクレジットカードを見せる。
ここでは買った物が書いてあるレシートを見れるよう求められたので捨ててしまわないようにした方が良い。
(買い付けの確認書類として必要なので保管していて良かった。)
スイス買い物分の書類はカウンターで受理してくれた。

手続き完了

④チェックイン手続き(搭乗2時間前より開始)

⑤お土産を買って帰国 ぜひスムーズな申請を!

Fine

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください